いざというとき暮らしを守る!LPガス機器の防災機能 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2016年06月22日 ガス器具の安全機能

いざというとき暮らしを守る!LPガス機器の防災機能


LPガスを安心してお使いいただくために、業界をあげて安全機器の開発と普及に取り組んでいます。

万が一のときでも、ガスの放出を防ぎ早期の復旧にも有効なLPガス機器をご紹介します。

 

1、マイコンメーター

震度5以上の地震の時や、コンピューターが危険と判断した時、自動的にガスを遮断します。

安全確認後は、お客様ご自身で復旧しお使いいただくことができます。ご家庭のガスメーターはすべてマイコンメーターです。

safty01safty02

 

2、ガス放出防止型高圧ホース

地震や津波などでボンベが転倒した場合、高圧ホースに力が加わると、ボンベのバルブ部分が遮断されLPガスの放出を未然に防ぎます。

高知県では平成18年度から自主的に設置を進めており、現在では、県内の高圧ホースはほとんどがガス放出防止型となっています。

safty03safty04

 

3、バルブプロテクター(50Kg容器)

落下物や転倒時の衝撃からボンベバルブを保護し、ガスの放出を防止します。

高知県では全国で最も普及が進んでいます。

※20kg以下の容器は、プロテクター付きとなっています。

safty05

 

 

おすすめ防災関連記事

この記事を書いた人

Tadashi YAMAOKA
メディアプロデューサー。 岡山で生まれて、20年前くらいに高知にやってきました。今は高知と岡山とを行ったり来たりの生活をしています。趣味は、囲碁、落語、家呑みなど極度の「じじい趣味」です。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close