【バイクで行くとある風景】噂に聞く「カカシの里」へ行ってみて分かった限界集落の今。(前篇) – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • 従業員のひとりごと
  • 【バイクで行くとある風景】噂に聞く「カカシの里」へ行ってみて分かった限界集落の今。(前篇)
2017年05月25日 従業員のひとりごと

【バイクで行くとある風景】噂に聞く「カカシの里」へ行ってみて分かった限界集落の今。(前篇)


皆さん、こんにちは。高橋です。

実は私、前々から訪れてみたい場所がありまして。

そこは徳島県 東祖谷・名頃地区にある人形だらけの「カカシの里」と言うところなんですが今回行って来ました。

 

「カカシの里」ある場所は、四国のほぼ中央の山間地帯です。

 

現地までの道程は甘くなかった

私が選んだルートは国道32号線を分岐して奥祖谷~剣山へ向かう国道439号線。

徳島市から四万十市までの総延長348.9km。狭い山道が続く事から国道439号を文字って、別名「ヨサク」の愛称で知られ四国最恐といわれている酷道です。

 

 

分岐からいきなりの試練。荒れ放題の路面で、ダートと思わせるような感じです。

深い山林の中を1時間ほど延々と走り抜けて行き、私はふと思った。

 

この道はアカン><

ここはオフロードで来る所や!コケてしまう~

 

目的地まではまだ遠いし、この道を選んだ事を激しく後悔。もう行くも地獄、帰るも地獄の状態です。

その後、半ベソかきながらひらすら上り坂をトロトロと走り、京柱峠までようやく辿り着くことができました。

 

峠からの眺望は最高

ここは高知県と徳島県の境。四国の国道の中で最も標高の高い場所のようです。(標高1,123m)

 

山の空気が澄んでいてとても気持ちいいー!

景色も素晴らしく最高!!でしたが肝心の写真を忘れた、ゴメン。m(_ _)m

 

峠にはポツンと一軒のうどん屋さん

「京柱茶屋」という、しし肉うどんで有名なお店がありました。お店は定休日無しです。

今回は立ち寄らなかったけど、ここら一帯冬季には雪降るんだろうなあ。バイクで来るのは間違いなくムリ。

 

そして悲願の「カカシの里」へ

京柱峠を越えてひたすら走り続け、もうこの道は二度と通るまいと思いつつ、やっと着きました「カカシの里」

 

おばあちゃん達が、お出迎えしてくれて・・・

いきなり顔面蒼白でちょっとコワイんですけど。

 

さあ、ここからが本番です。

 

次回、人形だらけの「カカシの里」全貌編へ続く。

この記事を書いた人

高橋巧
1969年7月18日生  2001年6月入社           「寺やんのはじめてのお遍路」ではカメラ片手に付き人させてもらっています。巡礼の旅路は、まだまだ続きますよー。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

  
マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close