新しい火起こし方法を伝授。今年も「火育出前授業」が始まります。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2017年07月05日 火育出前授業

新しい火起こし方法を伝授。今年も「火育出前授業」が始まります。


こんにちは。「モテたい」高知のガス屋さん 社長の山田洋介です。

 

私が所属してます高知県LPガス協会青年部会で、来週から本格的に「火育出前授業」が始まります(^^)/

4月より募集を開始したところ、6月時点で13校の応募がありました。(ありがたい事ですが、これ以上は厳しいので募集を打ち切りました)出来る限り実施していこう!という事で全部やります(^^♪

 

 

計画では、年間4校実施するというものでしたが、13校の応募があった高知県では「火育」が少しずつ認知されてきて、興味を持ってくれてるようです。感謝感謝です!

 

・・・という事で、子供たちにもっと喜んでもらうために、もっと火起こしの勉強をするために(可能性を模索するために)大学の先生の話を聞きに行ってました。現役は引退されてる先生ですが、非常勤講師として「カガク(化学?科学?)」を教えてるようです。実験道具をすべて手作りしてるそうで、その中でも「火起こし」というジャンルはマニアックすぎるぐらい色々知ってました( ゚Д゚)

 

いつもは、上の写真のように二人一組で火起こしする「ひもぎり式」で行っていきます。子供たちでも比較的簡単に火が付きます。

今回先生に教えてもらった、伝授していただいた火起こし方法は「ゆみぎり式」一人で火を起こすにはもってこいの方法です!

 

 

今年から一つバージョンを増やして、火育授業に活用していこうと思います。すごくマニアックな話が聞けて大変興味深いモノとなりました(^^♪

 

その先生を紹介してくれたのが、ガスコラボ四国の中心メンバーの一人です。ここでもいいご縁を頂き感謝しています。

 

 

その後の懇親会でも業界のことや火育授業のこと、色々な事を熱く語ってきたという事は言うまでもないです!

 

 

こんなになるまで熱く語り合ったことは・・・いうまでもありません(協会の専務理事と一緒に♪)

 

 

今年も高知県の熱い「火育出前授業」が始まります。青年部みんなの想いと熱意で乗り切っていきます。そして、ひとりでも多くの子供たちの将来に「火」を灯すことが出来ることを願い、ガス体エネルギーを知ってもらえるように張り切っていきたいと思います(^^)/

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早16年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

  
マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close