ガス屋さんが...取り替える、リンナイの素敵なレンジフード「LGR」 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2017年10月06日 ガスでキッチン

ガス屋さんが...取り替える、リンナイの素敵なレンジフード「LGR」


 

こんにちは、寺やんことマインドガスの寺本です。

10月に入り秋の風が気持ち良い頃となりましたね。

 

さて今回は、皆様のお宅にも設置してある「レンジフード(換気扇)」の交換のお話です。

皆さんの家のキッチンに取り付けてある換気扇(レンジフード)のお手入れはどのようにお掃除されていますでしょうか?

高所の位置にあるレンジフードのお掃除は、女性の方にとっては大変なご苦労なのではないでしょうか。

 

そこで、今回ガス屋の寺やんがその大変なご苦労をされているお家のレンジフードを、最新式のお掃除楽々レンジフードへと、大変身の取り替えの工事を承りました。

 

今回新型のレンジフードへ取り替えをされるお客様は、弊社とのお取引も長く弊社をすごく信頼して下さっている高知市在住のT.K様となります。かれこれ25年以上のお取引でしょうか。

 

 

 

レンジフード(換気扇)にはどのようなタイプのものがあるのか?

一般的にどのようなレンジフード(換気扇)があるのか。

大まかには

 

 

 

吊戸棚の下などに設置する「浅型タイプ」

 

 

 

既設はこのタイプが多い、定番「ブーツ型タイプ」

中のファンはプロペラタイプとシロッコタイプがあります。

 

 

 

「プロペラ換気扇」

 

 

 

そして最近の主流「スリム型レンジフード」

 

 

 

今回のT.K様のお宅に設置してあったのは、定番中の定番、ブーツ型で中のファンがプロペラタイプのレンジフード。

オーソドックスな仕組みのものでした。

 

 

 

それでは取り替え開始です。

お取り替えしていただくレンジフードはもちろん「スリム型レンジフード」です。

リンナイのLGRという機種。

 

LGRについはこちらをご参考に

 

それでは今回は長田氏に手伝ってもらい交換しちゃいます。

 

 

取り外し

 

まずは周辺を養生していきます。

 

 

 

次に本体カバーを取り外し、

 

 

 

その中にあるプロペラ本体も取り外します。

 

 

 

これで、撤去完了です。

事前に現地調査をしっかりしていたので、裏板の処理もせずに出来る事が分かっていました。

 

 

取り付け

 

まずは開口部の処理をします。

 

 

 

そして、本体取り付けへと入ります。

 

 

 

ダクトを接続します。

 

 

 

そして長田氏のドヤ顔

 

 

 

前面パネルを取り付け、完成です!

 

 

 

どうでしょうか、素晴らしい出来です!

 

 

 

 

奥様の感想

今までレンジフードのお掃除は、ご主人さんとの2人で一生懸命取り外して、ゴシゴシと洗い、そしてまた取り付けと、高所での作業でした。

ご夫婦でご年配なので大変だったそうです。

 

でもこのレンジフードは、お掃除の手間も省いてくれて、デザインも良く完璧ですとお話されていました。

 

 

 

最後に

 

どうでしょうか、皆さんもお掃除の手間の要らないレンジフードに取り替えてみては!

寺やんがいつでも助けにお伺いいたします(笑)!

 

 

 

今回お取り替えした商品はリンナイ社「LGR-3R―AP601SV シルバーメタリック」

 

 

 

お掃除も「整流板」「オイルトレー」「シロッコファン」をサッと撫で洗いでOK。

手元を明かすライトも付いています。もちろんLEDですよ。

定価133,000円(税抜き)

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺本慎二
1986年5月入社。趣味は釣り。ただ今お遍路で八十八ヶ所巡っています。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

  
マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close