印象的な言葉が飛び交っていたリンナイの新春の会に参加して思う事。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • 社長ブログ
  • 印象的な言葉が飛び交っていたリンナイの新春の会に参加して思う事。
2018年02月07日 社長ブログ

印象的な言葉が飛び交っていたリンナイの新春の会に参加して思う事。


お客様に「愛」を届けよう!

 

 

 

リンナイの新春の会に参加して感じたこと。

先日、四国のガス会社の方が沢山集まる某ガスメーカーの新春の会にお邪魔しました。新年の挨拶の中に出てきた「ベテラン社員と若手社員」の話。とても印象的だったので少し紹介させていただくと、

 

「あるお年寄りのお客様がいて、昔から担当するベテラン社員。コンロの調子が悪いというとお客様のためを思っていつも修理してくれる。月日が流れ、その担当者が若手の社員に変わり、そのお年寄りのお客様からコンロの調子が悪いとの連絡が入る。若手社員は「もう古いので新しい便利なコンロに変えませんか?」と修理するのではなく、買い替えを勧めた。後日、そのお年寄りのお客様にコンロの調子を聞きに行くと「今までは、よく修理してくれてお世話になってるので少し言いにくかったのですが、新しいコンロにもしたかった。とても便利に使ってます」との言葉。ベテラン社員が決して悪いのではなく、当然修理することもすごく大事。なんですが・・・良いモノを提案してあげるという事もすごく大事な事。リンナイにはすごく良い商品があるので、ドンドン提案して売っていってください(^^♪」

という話でした。きめ細かな対応でお客様のつながりをきちんと作るとともに、お客様の快適な便利な生活を提案すること(伝えること)も大切だという事を新年の挨拶とした心遣いが憎いところです(笑)

 

そのあと、2018年の経営方針の発表があり、重点方針が報告され業界トップランナーとしての「想い」や「責任」や「覚悟」を感じてきました。会場内では所狭しと新商品が並ぶ中、私の目を引いた商品は・・・

世界トップクラスのハイエンドモデルを目指して開発されたという「G:(ジー)」ラインという名のビルトインコンロ。上質感と高級感を極限まで追求した最高級ブランドの商品のようです。メチャメチャ斬新なスタイルで、なんと「グッドデザインベスト100」にも選ばれています(聞くところによると、グッドデザインは比較的取れるとのことですが、ベスト100はなかなか取れないとのことです)

 

 

誰が使うの?なんて素朴な疑問が出てきますが(私はデリシアが好き)これからの動向に注目です!私の好きなデリシア関連記事はコチラです(^^)/

 

 

特別講演でも印象的な言葉がありました。

冒頭にも紹介したように「お客様に愛を届けよう」ということが印象的でした。自らきちんと体験(最新ガス機器を使う)し、説得力を持って、お客様の楽しく快適な生活の提案をもっとしていこう!もっと想像させてあげようという風に聞こえました。と言うかそんな感じで言ってました(笑)

 

そうすることによって「AIの時代が来ても、必ず最後には勝つ」という言葉! 響きましたーーーーー(≧◇≦) マインドガスもそういう会社を目指します!モテる企業になるという事はLOVEなんです!そういう事なんです!!

 

今年も「モテたい」と言いまくる「モテたい」高知のガス屋さん 社長の山田洋介ですが「愛」も届けられるガス屋さんになりたいと思います。全国的に寒さの続く今日この頃。高知では今年一番の寒さと言っていました。インフルエンザも猛威をふるってます。暖かくして外出されてください。また、外出先から帰ると「うがい・手洗い」を十分に心掛けてくださいね(^^)/

 

 

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早16年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

  
マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close