幕末維新博第二幕開幕!【咸臨丸】で桂浜沖をクルージング! – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2018年04月25日 従業員のひとりごと

幕末維新博第二幕開幕!【咸臨丸】で桂浜沖をクルージング!


 

こんにちは長田です!

 

高知では明治維新150年を記念しまして「志国高知幕末維新博」が開催され、様々なイベントを催しています。

第一幕を平成29年3月4日~平成30年4月20日

第二幕を平成30年4月21日~平成31年1月31日まで開催します。

 

詳しくはこちらから

 

 

その第二幕が先日開催スタートされまして、その目玉の一つ【咸臨丸でゆく龍馬クルーズ】へ行って来ました!

 

 

 

咸臨丸でゆく龍馬クルーズ

※画像は志国高知幕末維新博ホームページより拝借

 

咸臨丸(かんりんまる)とは、江戸幕府の海軍が保有していた軍艦で、木造の3本マストを有した蒸気コルベット。洋式のスクリューを装備した初の軍艦との事です。勝海舟が艦長、ジョン万次郎が通訳を務めサンフランシスコまで航海したそうです!

 

 

 

凄い人気で、何とか16時からのチケットを購入することが出来ました。

 

 

 

高知新港を出港し、船の上から桂浜・龍馬像を望むクルージングとあり、沢山の方が参加されていました。

見れば定員400名!早めに行って前の方に並んで良かったです!

 

 

 

3階建になっており、3階の見晴らしの良い場所を確保出来ました(^^)

 

 

 

出港前にはよさこいを踊って見送ってくれました。よっちょれ!よっちょれ!

 

 

 

私も息子も初のクルージングとあってめっちゃ浮かれてます!(笑)

高知新港を出て浦戸湾を回り桂浜沖へ出て帰ってくるおおよそ40分のコース。しかし何やら浦戸湾へは行けないらしく、桂浜沖の時間を長めに取って回るとの事でした。

 

 

 

それでは出航!

 

右奥に見えるのが浦戸大橋です。

 

 

 

逆光で見づらいですが、桂浜です。沖から見る桂浜も良いもんですねー(^^)

丘の上の大きな建物は国民宿舎桂浜荘。その下に見づらいですが、先日リニューアルオープンした坂本龍馬記念館があります。龍馬の手紙などゆかりの物を常設展示してあるそうなのでそちらも機会があれば行ってみたいと思います。

そして何より桂浜と言えば龍馬の銅像なんですが!全く見えませんでしたー!残念(ノД`)

 

 

せっかくなので船内を散策してみました

 

でっかいマストを真下から!

カッコいいですねー!気分はジャックスパロウです!

 

 

 

一階まで降りてみますと、咸臨丸についての展示品も多数ありました。

この当時の模型を見ますと3階部分はないですね。

 

 

 

何やら地球儀を見ながら微笑んでるおじさんや、

 

 

 

皆んな大好き福沢諭吉さんも、この船に乗った事があるそうです。

 

 

 

古い日本地図。

 

 

 

そうこうしてますと高知新港まで戻って来ました。

 

 

 

おわりに

この咸臨丸はそれほど大きな船では無いのですが、これでサンフランシスコまで航海したと言うから驚きです。何せちょっと沖に出ただけで結構揺れてましたから(笑)

ですが、また高知に来たら乗ってみたいと思いました(о´∀`о)

また、この志国高知幕末維新博は期間中高知県下で様々なイベントをしていますので、色々参加して行きたいと思います!

 

 

おまけ

 

船を降りますと記念品か、航路変更のお詫びか、可愛いメモ帳をいただきました(о´∀`о)

これがなかなか宜しい!

 

 

 

ぜよ!

 

 

 

 

この記事を書いた人

長田 剛
ガス部東地区・各種工事。2013年入社、遅れてきたルーキー。しかし、LPガス業界は20年を越える地味にベテラン。ブログとSNSでイクメンパパをブランディング中。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

  
マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close