15年振りの社員旅行その③。「堀川めぐり」から「境港」まで。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • 社長ブログ
  • 15年振りの社員旅行その③。「堀川めぐり」から「境港」まで。
2018年06月01日 社長ブログ

15年振りの社員旅行その③。「堀川めぐり」から「境港」まで。


今年も「モテたい」と言いまくる一年にする高知のガス屋さん 社長の山田洋介です(^^) 

 

突然ですが、マインドガスは15年振りに「社員旅行」に行ってきました(^^)/ 私の思い付きで「今年は、社員旅行に行きましょう!」という事になったのですが、問題はどこへ行くのか? 

 

皆さんの意見も取り入れながら島根県の「出雲大社」に行くことになりました(^^)/ 初「出雲大社」です!

聞くところによると「えんむすび」の場所。いい縁を頂きに行こうと思います(笑)という事で前前回の続きです(^^)/

 

 

「堀川めぐり」から2日目が始まります。

 

国宝でもある松江城の周りを囲む「堀」小船でめぐる「堀川めぐり」松江城下の懐かしい日本の風景や自然を感じることのできるとのこと。

 

 

この堀川には、なんと17もの「橋」がかかっていて、その内4つは、橋げたが低く船の屋根を下げて通ります。そう!屋根が下がってくるんです。こんな風に!

 

 

こんな風に! 寝そべったままの体制で橋の下を通過中(^o^)/

 

 

低い橋をくぐる時に屋根が下がってくることには驚きましたが、とても風情ある堀川めぐり。ゆったりと進む小船から見える景色は、心を癒してくれます。松江城の天守閣が見え、当時の面影を残す自然美。日頃なかなか目にしない光景にゆっくりと時間の流れる中、贅沢なひと時を過ごさせていただきました(^^)/

 

 

 

観光ばかりでなく、お土産も買いに行かなければ社員旅行じゃない!と言わんばかりにここからはショッピング。

 

おさかなと鬼太郎の街「境港」

 

 

島根県から鳥取県にわたり、海鮮物を買いに「境港」へ! お店につくと巨大なゲゲゲの鬼太郎がお出迎え(驚)ここ境港は、おさかなと鬼太郎の街なんです(゚д゚)! 鬼太郎の作者「水木しげるさん」が境港市出身なのは有名な話。

 

 

いたるところに鬼太郎ファミリーが!

 

 

そして、カニ・・・カニ・・・カニ・・・

 

 

たくさんの海鮮物を前に何を買おうかと悩みまくりのマインドガス一行でしたが、出雲大社でかなり買い込んだので、ここではあまり買わなかったことは内緒です(≧◇≦) 欲しいモノがあれば第2班に頼みまーす(笑)

 

さあ、買い物も済ませたマインドガス一行は、1泊2日の社員旅行の締めくくりの場所へ。最後は、あの有名な「足立美術館」です(^^)/

 

 

日本一の庭園と近代日本画の「足立美術館」

 

 

2日目の目的地はここ。ここに来たくてウズウズしていました(笑) 早く日本一の庭園が見たい(≧◇≦)

 

こんなに素晴らしいんです!って写真を見せる所なんですが・・・第2班が帰ってくる日までアップするのを止めときます。ネタバレしてはあの景色はもったいない。インターネットで見れるかもしれませんが、第2班のみなさんがその目で見てくるまで、ブログに載せることは控えときます。

 

とはいうものの・・・今までさんざんブログに書いてきたのですが(笑)次回までのお楽しみ~♪

 

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早16年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

  
マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close