大型家電の冷蔵庫をみんなで協力してお届けした話。マインドガスの家電販売 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2018年06月02日 事業案内・取扱製品

大型家電の冷蔵庫をみんなで協力してお届けした話。マインドガスの家電販売


 

 

 

 

 

皆さんこんにちは!!嶋﨑です!(^ ^)/

 

 

 

 

『嶋﨑君、冷蔵庫がいかんなった。』

 

 

私が前職の時からお世話になっています、お客様 M様からの突然の電話。

 

マインドガスに入社してからは、M様にはアクアクララにご入会して頂き、変わらずお付合いが続いています。

 

 

その日は、私が出社するやいなや突然の電話があり、M様のご要望は今お使いの冷蔵庫と同等の大きさの機種に翌日に入替えをして欲しいとの事でした。

 

冷蔵庫の故障は大変困ります。お分かりになるかと思いますが、早く入替えをしないと中の食材が駄目になってしまいます。私はすぐにいくつか機種を選定し、それぞれのメーカー在庫と価格を調べて、カタログの写しを合わせて M様にメールをしました。すると数時間後に、M様は奥様と相談されて冷蔵庫の注文をして下さいました。私は冷蔵庫を発注し、翌日の配達・搬入に備えました。

 

 

 

冷蔵庫の配達・搬入

 

 

冷蔵庫は言わずと知れた大物家電です。重量は約90kgあります。私一人ではお届けできませんので、高橋主任と長田さんにご協力頂き M様宅へお届けに上がることに。

 

 

 

 

この日はあいにくの曇り空で、天気予報では雨40%でした。

雨は時折ポツポツと降ってはおりましたが、日頃の行いが良かったせいか配達時には雨が降ることも無く、商品を濡らさずにお届けすることができました。

 

 

 

搬入最大の難所 折り返し階段

車を走らすこと30分、M様宅に到着しました。

M様のご自宅は2階建てで、2世帯住宅の為に冷蔵庫は2階のキッチンへ運び上げなくてはなりませんでした。

 

 

 

 

2階へ上がる折り返し階段が難所でした。冷蔵庫は400Lのタイプでしたので割と大きく、重さは約90kgあります。それをこのスペースのない階段を3人で立てた状態で運び上げるのです。それはそれは壮絶でした。搬入の様子の写真を撮り忘れるくらいです。3人で協力して冷蔵庫の搬入スタートです!

 

 

 

 

 私:

『じゃあこの段まで上がりますねー』

 

 長田さん:

『オッケー。一旦ここにかけようか?』

 

 

 

 私:

『あー、右上が壁に当たります気をつけてー!』

 

 三人:

 『せーのっ!』

 

  長田さん:

『おー、こっちヤバイ!もうちょっとそっち行ける?』

 

 

(ゴツン、、、)

 

 

 高橋主任:

『おーー』

 

 私:

『ちょっ、当てんように気をつけて下さいねー(焦り)』

 

 

 

 長田さん:

『重っ、ちょっとこっち持って!!』

 

 

 

 私:

『はいじゃあ次、この段まで上がりますねー』

 

 三人:

 『せーのっ!』

 

 三人:

 『ふぅー』

 

 

 

 

 

 

難所の折り返し階段を30分程かけて、なんとか2階まで冷蔵庫を運び上げることができました。3人共汗びっしょりでしたが、怪我もなく冷蔵庫本体やお家の壁、床にキズをつけることなく冷蔵庫を運び上げることができて、安堵感と達成感でいっぱいになりました。

 

次に故障した冷蔵庫を今度は1階へ下ろして外に搬出する作業です。

一度上げる作業をしましたしたので今度は割とスムーズに運び出すことができました。

 

 

     

 

M様の奥様に冷蔵庫の取扱い説明を行い、労いの言葉とお茶と霧の森大福を頂いて、お礼を言ってM様宅を後にしました。

 

 

 

 

引き揚げた冷蔵庫と記念写真

 

故障した冷蔵庫は、軽トラへ乗せて一旦マインドガスに引き揚げました。

 

 

 

 

 

搬入現場で写真を獲れていませんでしたので、

 

 

 

 

 

ここでパシャリ!3人共やったった感が出ています(笑)

 

 

 

 

普通は搬入した新品の冷蔵庫の前で撮るものですが、3人共余裕がなくて撮るのを忘れていましたので、処分する冷蔵庫の前での記念写真となりました!(^-^)

 

 

 

さいごに

M様の奥様から『大きな冷蔵庫を大変な思いをさせてごめんねぇ。また急に持って来てもろうてありがとう。』と言って頂きました。

家電の中でも冷蔵庫の故障は急を要するものです。また、大型で重量もありますのですぐに対応してくれる量販店や電気屋さんは少ないと思います。

 

マインドガスでは、少ない社員数ですが協力し合って、お客様のご要望に最大限応えられるよう心を尽くしたサービスをこれからもご提供していきます!

 

 

またお客様の笑顔が見られますように、、。

 

 

それではまた!!(^ ^)/

 

 

この記事を書いた人

嶋﨑 雅允
2017年入社。2児のパパ。只今子育て奮闘中。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close