新型ウォーターサーバー『AQUA FAB(アクアファブ)』に実際触れてみた!! – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • アクアクララ
  • 新型ウォーターサーバー『AQUA FAB(アクアファブ)』に実際触れてみた!!
2018年07月10日 アクアクララ

新型ウォーターサーバー『AQUA FAB(アクアファブ)』に実際触れてみた!!


 

 

こんにちは、アクアクララ担当 ウォーターサーバーマスターの吉村です!

先週までの豪雨がうそのように、今週は青空が広がり気温もぐんぐんと上昇しています、皆さんこまめな水分補給を心掛け熱中症には十分お気を付け下さい!

 

さて前回のブログでご紹介しました。今夏、アクアクララがお薦めする最新ウォーターサーバー、 『AQUA FAB(アクアファブ)』。

 

「現代のあたり前のウォーターサーバーではなく、未来であたり前となるウォーターサーバー。 今までにウォーターサーバーを使ってこなかった人たちからも選ばれるデザインを目指し、リビングに置きたくなるほどの、シンプルでどんな空間にも馴染むウォーターサーバーにする」というコンセプトがついた,アクアクララが2年ぶりに送り出す新型ウォーターサーバーを、実際に私が触れてみる事に!

 

 当初入荷予定より1カ月ほど遅れて、先週末に『アクアファブ・ホワイト』が入荷しました (アクアファブ・ブラックは10日程遅れて入荷予定)

 

 

他のウォーターサーバーと並べてみました!

パッと見、FAB本体だけを正面から見ると一般の人は何の機械なのか解からないのではという印象を受けました!

 

そこで、現在アクアクララで主力商品として出ている「アクアスリム」「アクアアドバンス」と並べ比べてみましょう!

 

 

 

見た目はやはり他のウォーターサーバーと比べるとスッキリとしたデザインが第一印象です!

 

 

アクアファブ本体はアクアスリム本体より約10センチ高く、フォーセット(湯水の蛇口)のレバー位置も8センチほど高くなっており、他のウォーターサーバーに比べると注ぎやすい高い位置になっています!

 

 

 

ウォータートレイは従来の物と違い、収納式になり本体自体はスッキリとしたデザインになっています!

 

 

 

特徴あるレバー式フォーセット

 

今までのウォーターサーバーと一番の違いは、フォーセットの形状とお湯のフォーセット使い方が全く違います!

 

 

お水は、レバー式フォーセットを手前に下げれば簡単にお水が出ます。

 

 

 

 

お湯は、レバー式フォーセットのつまみを右に少し回し、回した状態から下に軽く押し込み、押し込んだ位置から再度つまみを少し回して、レバーを手前に下げればお湯が出ます。(少し慣れるまでは難しいかもしれませんが、火傷防止の為にチャイルドロック付になっているので。「JDSA適合マークを取得したチャイルドロック機能付き」

 

 

 

 

 

 

アクアファブの後面

 

 

本体寸法 全高1320mm 横幅286mm 奥行286mm(奥行きはフォーセットを含めると350mm)

本体重量 16kg(ボトルカバーを含む)

冷水温度 / 5℃~12℃   温水温度 / 80℃~90℃

 

 

 

さいごに

 

私の感想を一言でいうと、今までのウォーターサーバーと違いあまりにもシルエットが変わり違和感がありますが、これから先の時代を見据えたウォーターサーバーはこんな形になるのかなと思いました! 

 

斬新かつ心地よいデザインの『AQUA FAB』一度体験してみては如何ですか!

 

 

 

今回「アクアファブ・ウォーターサーバー』の申込みに際し、あんしんサポート料通常申込み(月額料金1,500円)と別に「アクアファブ発売記念2年割プラン(月額料金1,300円)」もご用意しております!

 

長くお付き合いが出来るお客様には、大変お得なプランとなっておりますので是非ご利用下さい!

 

 

 

 

この記事を書いた人

吉村伸一
1963年3月生・AB型 ゴルフ大好き 最近は愛犬トイプードルのジェイと日々戯れてます!
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

  
マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close