予定は白紙へ…。雨の日でも楽しめるアクトランドへ行ってきました。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2016年09月07日 従業員のひとりごと

予定は白紙へ…。雨の日でも楽しめるアクトランドへ行ってきました。


 長田

 

こんにちは、すっかり秋めいて来た高知から長田です。

 

ある日の事です。

 

「ぶどう食べたい!いっぱい、いっぱい食べたい!」

 

と、息子が前日夜から何かに感化されたように騒ぎだしたので、

「よっしゃ!巨峰園に行ってぶどうを食いまくろうではないか!」と家族で出掛けることにしました。

 

※巨峰園:巨峰園ホームページ

 

しかし…

 

 

アクト

 

台風の影響のため本日休園ーーー!orz

 

高知市内はあまり台風の影響がなかったのですっかり油断していましたが、南国市は風を伴う雨でした…。

 

すっかりお父さんとしての威厳を急降下させた私は、巨峰園近くのオシャンティなカフェ、「ダイニングCOMO」へランチに。

 

 

アクト

 

高知の食材を使ったお洒落なランチ。

 

美味しさに息子のテンションも戻って来たのでこの後少し足を伸ばし、野市町のアクトランドへ行くことにしました。

 

 

いざアクトランド!

 

高知市内から車で東へ30分程のところ、香南市野市町の高知県立のいち動物公園の入口近くにあるアクトランド。

 

 

創造広場アクトランドホームページ

 

 

 

アクト

 

なんと入場無料で様々なオリジナル遊具で遊ぶことができます。

 

 

アクト

 

小学生以下のお子様なら1日中楽しむことができると思いますよ。

 

 

アクト

 

また、毎週末には”ものづくり体験イベント”をしているらしく、今週はジェルキャンドル作りや、オリジナルえんぴつ作りなどを催しておりました。

 

8月には夏休みの宿題の工作として、たくさんのご家族がいらしたそうです。

 

もちろん私も作っちゃいますよねー!

 

 

 

ジェルキャンドル作り

image

 

キャンドルはこの容器に好きなように砂や貝殻、ビー玉等を入れ、そこに透明のジェル状の蝋(ロウ)を流し込みます。(蝋はお姉さんが入れてくれます)

 

 

アクト

 

作業は簡単ですが、美的センスを問われます!

 

 

アクト

 

いかがでしょう!この何も考えずにただ詰め込んだだけのような出来栄え!

センスの塊ですよね?

 

 

アクト

 

(´-`).。oO(あっ何も考えずにただ詰め込んだだけのようです…)

 

 

オリジナルえんぴつ作り

ジェルキャンドルの蝋が固まるまで30分程度かかるとのことでしたので、その間にオリジナルえんぴつを作ることに。

 

 

アクト

 

紙粘土のような特殊な粘土をえんぴつの芯にただ巻くだけの簡単な作業…。

いやいや…スーパークリエイティブモンスターの私(自称)としましては…

 

 

 

アレを作らねば…ッ!(使命感)

 

 

 

アクト

 

ドーーーーン!

 

作っちゃいますよねー!LPマン!

どうですか!このキリッとした端整なお顔!

高知の暮らしを快適にしてくれそうですよね?

 

数日で固まるらしいので、それまではそっと人目のつかない所へ保管しときますね。

 

アクトランドの従業員(美人)の方が色々とアドバイスをしてくれて、息子も楽しんでくれました。(美人だったからか!?)

 

各体験は材料費込みで500円という破格のお値段となっております。

どのように採算を取っているのか、疑問しか残りませんでしたが…。

 

 

 

他にも盛りだくさんの博物館やギャラリー

アクト

 

他にも常時「世界クラシックカー博物館」や「絵金派アートギャラリー」「龍馬歴史館」など、様々な展示があり大人も楽しめることができる施設になっていました。こちらは入場料が1000円〜1500円必要です。

 

 

アクト

 

愛嬌たっぷり大五郎もいますよー。

クーラー完備のログハウスで寛いでいました(笑)

 

 

まとめ

 

アクト

 

雨で予定が狂ったら、とりあえずアクトランドに行けばなんとかなる!

 

一度は地に落ちかけたお父さんとしての威厳も、何とか挽回することができました。ありがとうアクトランド。

 

めでたしめでたし。

 

 

 

 

この記事を書いた人

長田 剛
ガス部東地区・各種工事担当。2013年入社、遅れてきたルーキー。しかし、LPガス業界は20年を越える地味にベテラン。ブログとSNSで育メンパパをブランディング中。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close