タバコを禁煙して3ヶ月で変わった事。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2018年10月06日 従業員のひとりごと

タバコを禁煙して3ヶ月で変わった事。


 

皆さん、こんにちは。嶋﨑です。

 

『私、タバコやめます!』 と宣言して、早3ヶ月が経ちました。

 

この3ヶ月間で自分の中で何が変わったのかお伝えしたいと思います。

 

 

良くなった事

 

・タバコを買う必要が無くなった。

 

喫煙中は、2箱を大体3日おきに購入していました。価格にすると920円です。タバコが切れそうになると、コンビニを見つけては購入していました。タバコの値上げも気にする必要が無くなりました。

 

 

・加熱式タバコのバッテリーを充電する必要が無くなった。

 

加熱式タバコは文字通り、火の代わりにヒーターでタバコを加熱します。なので、定期的に本体のバッテリーを充電する必要があります。スマホの充電でさえ面倒なのに、それに加えて加熱式タバコの本体の充電も気にかけないといけなくなっていました。これももうおさらばです。

 

 

・喫煙所を探す必要が無くなった。

 

ただでさえタバコが吸える場所が限られてきているのに、都市部では『受動喫煙防止条例』なるものが発令され、愛煙家の皆さんはどんどん隅に追いやられてきています。高知ではそこまで厳しくはないですが、やはりタバコを吸える場所は減ってきています。タバコを吸う為にコンビニを探したり、喫煙者の集まる喫煙所を探す必要が無くなりました。

 

 

食事がより美味しく感じるようになった。

 

タバコを辞めて本来の嗅覚が戻ったのか、食べ物がより美味しくなりました。タバコを吸ってる影響で、香りや臭いが少し麻痺していたのかもしれません。とにかく美味しいんです(^-^)  タバコを辞めて、何か口にする頻度が減ったということもあり、食事の時間が楽しみになりました。

 

 

・タバコが吸えない時のイライラが無くなった。

いわゆる 『ニコチン切れ』っていう症状です。ニコチンは依存性が高いので、タバコが吸いたいのに吸えない時のイライラは堪りません。私は割と我慢できる方でしたが、それでもキツイ時はありました。タバコを吸ってストレス解消をしているつもりでしたが、かえってストレスになる時も。これももう無縁となりました。

 

 

・疲れにくくなった。

 

タバコを辞めてから体の疲れを感じる事が割と減ったような気がします。以前は朝起きた時のダルさと言いますか、前日の疲れが取れていない感覚がありましたが、それが少なくなったという実感があります。

 

 

 

悪くなった事

 

・食べ過ぎてしまう。

良くなったことで言いましたが、食事がより美味しく感じて楽しみになっていますので、どうしても食べ過ぎてしまうんですね。タバコを辞めて4~5kg体重が増えました。食事のバランス、量には気をつけなければなりません。

 

 

 

・間食がしたくなる。

タバコを口にしなくなり、何か口にしたいと思うことがしばしば。食事が楽しみという事もありますが、この間食も良くありません。ガム等で気を紛らわすように工夫したいと思います。

 

 

・よく眠たくなる。

タバコには覚醒作用がありますので、タバコを辞める前より眠たくなる頻度が増えました。これは悪いことかどうか微妙ですが、食事の後は必ず眠たくなります。また日中に車を運転している時も不意に眠たくなることがあります。こういう時は事故をしてはいけませんので、少し車を停められるところで10分~15分仮眠をとります。ミント系のガムを噛むことも有効ですね。夜の睡眠時間をしっかり確保して規則正しい生活習慣を身につけるようにしたいです。

 

 

おわりに

タバコを禁煙して3ヶ月で良い事も悪い事もありますが、良い事の方が多いので辞めて良かったなぁと思っています。日常生活でタバコを吸いたいと思う事は無くなりましたが、飲み会の席ではちょっとタバコが吸いたいという気になる時もあります。その時は、吸うとまた以前に戻ることを想像して『吸わない努力』をしています。

タバコを断ってまだ3ヶ月です。

タバコを吸わない日を一日一日積み重ねていきたいと思います。

 

ダイエットも頑張るぞー!!

 

それではまた!(^-^)/

 

 

この記事を書いた人

嶋﨑 雅允
2017年入社。2児のパパ。只今子育て奮闘中。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close