【毎年恒例】全国LPガス協会青年部代表者会議2019に行ってきました。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • 社長ブログ
  • 【毎年恒例】全国LPガス協会青年部代表者会議2019に行ってきました。
2019年03月11日 社長ブログ

【毎年恒例】全国LPガス協会青年部代表者会議2019に行ってきました。


今年ももちろん「モテる企業」いや、いや「モテてる企業」いや、いや「モテまくる企業」を目指せ!を合言葉に社員と一緒に邁進していく「モテたい」高知のガス屋さん マインドガス社長の山田洋介です。

 

先日、年に一度の全国LPガス協会青年部代表者会議のため上京してきました(^^)/ 東京にはあまり自然が無い(杉の花粉が少ない)と思い、花粉症も少しは楽かなと思いきや・・・全然関係なく鼻水が垂れてきたことはここだけの話(-_-;) 

 

去年の模様(ブログ)

 

いつもは2月に開催される会議も今年は3月開催。2月はギリギリ花粉症が出ていなかったんですが、3月はガチ花粉症! マスクをして鼻水をすすりながら東京の御茶ノ水にある「東京ガーデンパレス」に行ってきました(^^)/  

 

御茶ノ水と聞くと「オシャンティーな街」という私の勝手なイメージがあり(笑)田舎者の私は、駅に着くや否やキョロキョロしまくってるという事はまたまたここだけの話です(^^)

 

年に一度、全国の仲間に会えるのを楽しみにしてきました(^^♪

まず、会場に着いてやる事は・・・

 

 

証拠写真~♪ 

 

青年委員長の挨拶に始まり、全国LPガス協会会長の挨拶。13時から17時30分までの長丁場なんですが、全国から組織される青年委員会の皆さんが、考え抜いて、考え抜いて選ばれた方々が講演してくれます。すごく中身の濃いモノになってます!

 

 

 

そんな講演の中でも印象深かったのが「真にお客様から選ばれるLPガス事業者であるためには」というテーマでお話。私が気になった部分を私なりに解釈すると・・・

 

・求められる「発想の転換」

新たな工夫もなく、今まで通りでは限界が来ている。「今あるものを発想転換し、新しく価値を伝える」ことを考えていく。

・先に言えば「情報」後から言えば単なる「言い訳」

タイミングよく、きちんとした情報を、お客様目線できちんと伝えることが重要。

・保安の見せる化

まじめに保安をしてるだけではお客様に伝わらない。見せて知ってもらえる工夫を!

・「地域密着」から「顧客密着」へシフト

「地域に根差すから生き残れる」とは限らない。「顧客接点が豊富」だけでは強みにならない。顧客から信頼を得て、色々なビジネスの起点に出来るかどうか?が重要。

 

そして極め付けが、

顧客に「どんな時でも、どんなことでも、あなたに○○してもらいたい」と言ってもらえる関係を作り出すこと

これはマインドガスが目指してる会社像と一致していて、間違いではなかったと再確認できた内容でした(≧▽≦) 聞けて本当に良かった!「

 

さらに、今回はなんと最後の1時間を使い、都道府県協会青年委員会の事例発表がありました。今まで内緒にしてましたが、ここで私の出番が10分あるんです!高知を猛アピール!勿論あのLPマンの話を10分に凝縮して話してきました(^^)/

 

と、話する前に会場の皆さんと1枚~♪

 

 

かなり自由にさせてもらいました(笑)

 

 

いつも撮る側の業界紙の関係者の方々をこっちから激写しちゃいました(≧▽≦) この時には講演が開始してるんですけど(笑)少しでも高知の取り組みが皆さんに届けばと思います!

 

まとめ

年に一度ではありますが、全国の仲間と会える唯一の機会。とても大切な時間だと行くたびに感じています。あとは、ここで得た学びを高知県に、そして自社に落とし込み、行動していけるようにするだけです(^^)/ 引き続き楽しんでいきたいと心に決めた2019春でした~♪

 

 

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早17年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close