ガス屋さんが・・・行く【もうひとつの四国霊場八十八ヶ所お参り】 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2016年12月22日 従業員のひとりごと

ガス屋さんが・・・行く【もうひとつの四国霊場八十八ヶ所お参り】


こんにちは。高橋です。

一年の締めくくりの12月もいよいよ終盤となってきました。皆さんも何かと忙しい日々ではないでしょうか。

今回は寺本さんとお遍路、四国霊場八十八ヶ所お参りのちょっとした旅話をしたいと思います。

 

お遍路を始めたきっかけ

ある日、寺本さんからの起っての願い。

『マインドガスがお客様からモテる会社になれるよう願掛けを行いに、お遍路を一緒に来てほしい。そして自分自身も心修行をするんだ!』と頼まれることがありました。

こういった機会がないと四国霊場を周ることもないかもなと思い、車の運転手、カメラマン役で同行するきっかけとなりました。

 

 

一番札所から無作法者な二人

通常お遍路される方は、お参りの作法をある程度勉強していきますよね。

でも私たちは・・・

して来なかった><

作法については第一番札所霊山寺で簡単にご教授してもらいましたが、それでも、やってしまいました。

 

①御本尊のある本堂と大師堂の参拝の順番を逆にまわってしまった

 

②他の方の蝋燭の火を拝借し自分の蝋燭に火を点ける

 

③線香をケチッて一本しか刺さない

 

などなど参拝し始めはなんとも酷いものでした。

 

 

健脚祈願のお守り

第9番札所法輪寺には、そのむかし、松葉杖なしでは歩けなかった人が参拝にきたとき、参道の真ん中あたりで足が軽くなり、松葉杖なしでも歩けるように完治したという伝えがあり、本堂には多くの草鞋が奉納されています。

 

私の母親も近頃は足腰弱くなってきたので、「足腰お願いわらじ」を祈願に一つおみやげを買って帰りました。

 

さいごに

行く先々では「お接待」という信仰から生まれた風習のおもてなしを頂くこともありました。
これからも、お遍路は寺本さんとペースを合わせてゆっくりと周って行きたいなと思っています。
 

この記事を書いた人

高橋巧
1969年7月18日生  2001年6月入社           「寺やんのはじめてのお遍路」ではカメラ片手に付き人させてもらっています。巡礼の旅路は、まだまだ続きますよー。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close