【電解水素水】ヒューマンウォーター用カートリッジ取換え – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • 電解水素水
  • 【電解水素水】ヒューマンウォーター用カートリッジ取換え
2017年06月08日 電解水素水

【電解水素水】ヒューマンウォーター用カートリッジ取換え


皆さんこんにちは。高橋です。

昨年から好評販売中の電解水素水生成器。

ヒューマンウォーターを設置してされているお客様へ、1年目のカートリッジの交換をしてきました。

 

そもそも電解水素水って何?

水を電気分解することによって生まれるアルカリ性の水素水のことです。水素は還元作用を持つと言われています。電気分解すると、マイナス極側(陰極側)は水酸化物イオンや陽イオン(カルシウムイオンなど)が多くなり、電解水素水(アルカリイオン水)が生成されます。

カートリッジ交換模様

表示を見てみるとまだ交換サインが出ていませんでした。

少し時期が早かったようですが、お客様は一回目のカートリッジ交換は早めにしたいとの希望でした。

 

まずは蛇口を閉めた状態で、裏面カバーを取り外すとカートリッジが現れます。

 

カートリッジ自体の取換えは簡単で回しながら外して、そこへ新しい物を差し込み再び回し入れるだけ。

 

他にも本体周辺の接続ホースやコックなどのクリーニングも行います。

一年分の汚れを取ってキレイにしていきますよ。

 

 

細かい所は歯ブラシやめん棒を使って念入りに。

 

100円ショップで買った重曹が大活躍。汚れを良く落としてくれます。

 

蛇口がこんなにもピカピカになりました。

 

クリーニングが終われば、本体の交換リセットをしてランプ表示が消えていることを確認。

 

付属部品を取り付け、ホースのねじれや、水漏れがないことをチェックして作業は終了となります。

 

 

さいごに

古くなって本来の機能を持たなくなってしまったカートリッジは、水道水に含まれる塩素を十分に除去できなくなってしまいます。塩素は不純物に反応するとトリハロメタンなどの化合物ができます。このトリハロメタンには一般的に発癌性があるといわれていますので、電解水素水生成器を使っている方は、カートリッジ交換サインとともに、一年に一回の交換をしていただきたいと思います。

この記事を書いた人

高橋巧
1969年7月18日生  2001年6月入社           「寺やんのはじめてのお遍路」ではカメラ片手に付き人させてもらっています。巡礼の旅路は、まだまだ続きますよー。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close