お遍路で訪れた観光スポット。有名な銭型砂絵「寛永通宝」に行って来ました。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • みちくさ遍路
  • お遍路で訪れた観光スポット。有名な銭型砂絵「寛永通宝」に行って来ました。
2019年06月13日 みちくさ遍路

お遍路で訪れた観光スポット。有名な銭型砂絵「寛永通宝」に行って来ました。


こんにちは、高橋です。

先日、【ガス屋さんが、、、行く、寺やんのはじめてのお遍路】で、香川県観音寺周辺のお寺へお参りに行って来ました。

 

お遍路旅の主役、寺本さんとお客様1名の三人旅。道中の会話も弾み楽しい。

 

五重の塔。見る景色も素晴らしいです。

 

 

お昼は当然うどんですよね。

三者三様のご注文。本場のうどんはやはり美味いです。

 

 

 

お腹が満足したところで、観音寺の観光名所にちょっと寄ってみたいと思い、銭型砂絵「寛永通宝」に向かいました。

琴弾公園ドライブウェイを登り展望台まで行くことができます。

 

ここから銭型砂絵を眺めます。

 

遠くて大きさが分かりづらいですが、東西122M、南北90M、周囲345Mもあります。

一般的には寛永10年(1633年)に藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたと言われており、この砂絵を見れば健康で長生きし、お金に不自由しない伝えられているようです。

 

さいごに

お天気にも恵まれ、砂浜と瀬戸内の青い海がとても印象的できれいな風景でした。お寺参りと美味しいうどんを食べることができ、満喫できる日でした。

この記事を書いた人

高橋巧
1969年7月18日生  2001年6月入社           「寺やんのはじめてのお遍路」ではカメラ片手に付き人させてもらっています。巡礼の旅路は、まだまだ続きますよー。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close