2019年09月06日 水道のリフォーム

ガス屋さんが、、、行うシャワー混合水栓の取り換え


こんにちは、マインドガスの寺本です。このところ、地元は朝、夕少しですが、涼しくなったように思います。皆さんのお住いの地域は如何でしょうか。しかしまだ、雨が多くて鬱陶しい日が続いています。秋の訪れを待ちましょう。

 

さて、今回はいつも業務で行っている水周りのリホーム、お風呂場のシャワー混合水栓の交換作業を、行いましたので、その模様を伝えたいと思います。

 

今回シャワー水栓を取り換えされるお客様は、弊社と、取引が40年ほどとなります、マンションにお住まいの、N様となります。N様は72歳です。お一人でお住いになられています。さて、今回取り替える混合水栓は、マンションに使われているユニットバス用のデッキ型2ハンドルシャワー混合水栓が、経年劣化していることと、ワンストップ(一時止水)できないので、入居のN様ご自身のご負担での交換となります。

 

 

 

 

それでは、交換作業に入ります。ユニットバスの水栓点検口を取り外して、シャワー水栓を、取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、新しいデッキ水栓(一時止水付水洗)をセットし、給湯、給水管と順番に接続してゆきます。組み終わったら、各部の漏れがないかを確認し、点検口の蓋を閉めます。これで、作業完了となりました。完璧です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(最後)に、N様より、これで便利に水栓を使うことができますと、よろこんで頂きました。

 

今回の製品型式 KVK KF-205デッキ型一時止水付2ハンドルシャワー

                                        36200円 (税抜価格)