リンナイレンジフード三機を比較!レンジフードマイスターが選ぶ性能別ランキング! – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • レンジフード
  • リンナイレンジフード三機を比較!レンジフードマイスターが選ぶ性能別ランキング!
2016年07月05日 レンジフード

リンナイレンジフード三機を比較!レンジフードマイスターが選ぶ性能別ランキング!


長田

 

こんにちは、リンナイ認定レンジフードマイスターの長田です。

 

RHM認定証

 

※レンジフードマイスターについてはこちらから:巷で噂の「レンジフードマイスター」って何?

 

 

みなさんレンジフードにフィルターカバーをしていませんか?

 

現在ブーツ型レンジフードをご使用の方は、お手入れが簡単なのでフィルターカバー(難燃性不織布等)をご使用になられている方が多いと思います。

 

 

ブーツ型
ブーツ型レンジフード

 

 

お分かりとは思いますが、ブーツ型レンジフードの内部へ油汚れが入るとお掃除が恐ろしく面倒になります。

清掃業者に何万円も支払いお掃除してもらっている方もいます。

また、故障の原因にもなりかねません。

ですのでフィルターカバーは仕方ないのですが、じつはそのせいで吸い込み力が激減してしまっています。

では、その吸い込みきれなかった油汚れはどこに行くのでしょうか?

キッチンの壁や天井、床、衣服へと付着します。

床や壁が油でベトベトした経験はないですか?

それではレンジフードとしての役割を果たしていないただの「空気を外へ吐き出す装置」になってしまっているのです。

リンナイのスリム型レンジフードは、換気能力と清掃性の両方を兼ね備えて作られていますので、安心してご使用になれます。

 

今回は、そのリンナイのスリム型レンジフードの中で3兄弟(私が勝手に呼んでるだけですが(笑))OGR、XGR、LGRを比較したいと思います!

 

 

3兄弟

 

どこがどう違うんだ!?

 

見た目がほぼ一緒なので違いが良く分からないという疑問に、

私の独断と偏見のランキングでお応えしたいと思います!(笑)

皆さんのご希望に合った商品選びに役立てていただけたらと思います。

 

 

 

清掃性ならこれ!

やはりレンジフードで一番気になるのはお掃除ではないでしょうか。

そこでお手入れが一番簡単なのはどれなのか調べてみました。

 

第1位

OGRシリーズ

文句無しの一位。

もう"掃除をしない"をコンセプトにした様な設計。

ほとんど内部のお掃除が必要ないんですよね。

 

OGR ディスク

 

月に一回程度、中のディスクをサッと流すだけ。ファンのお掃除は一切しなくていいんですよねー。

 

 

第2位

XGRシリーズ

中のファンをお掃除する必要がありますが、それでも従来のブーツ型レンジフードと比べたら雲泥の差です。

 

第3位

LGRシリーズ

他の2シリーズには及びませんが、それでもXGRシリーズとは僅差です。その差は何か...。

オイルトレーの大きさ。それだけです(笑)

 

L-X

 

若干LGRシリーズの方が大きいだけで他はほぼ同じですね。

 

 

 

省エネ性ならこれ!

続きましてお次は省エネ性。

やっぱり毎日使うものだから電気代が気になりますよね。

一番省エネなのはどれか比較しました。

 

第1位

XGRシリーズ

この機種は省エネ性をとことん突き詰めた機種になっていますので省エネで選ぶならXGRシリーズ一択ですね。

照明がLEDになっていますし、ファンを回す駆動モーターがDCモーターになっているので省エネ性は抜群ですね。

色々条件はありますが従来のブーツ型レンジフードと比べて約73%省エネだといいます。

XGR

 

 

第2位

OGRシリーズ

これも照明はLEDですし、駆動モーターはDCモーターなのですが、OGRシリーズはファンを回す駆動モーターと、ディスクを回す駆動モーターと二つ搭載している分、XGRシリーズには遅れをとっています。

二つ搭載してあると言ってもDCモーターですので、色々条件はありますが従来のブーツ型レンジフードと比べて約58%省エネだといいます。

 

OGR

 

 

第3位

LGRシリーズ

やはりACモーターが響いて三位になりましたね。

しかし照明はLEDですので、従来品と比べたら十分省エネになっています。

 

 

 

コストパフォーマンス性ならこれ!

いくら良いものでもお値段が高くては手がでませんよね...。

ということでイニシャルコスト、ランニングコスト(10年使用)を考慮して比較してみました。

※[想定条件]電気代単価:27円/kwh、運転時間:2410時間/年(6.6時間/日)、照明使用時間:2410時間/年(6.6時間/日)日本工業規格JIS C9921-2による

※本体幅60cm、シルバーメタリックで比較

(本体価格は目安です。取替え工事費は含んでいません。)

 

第1位

XGRシリーズ

メーカー希望小売価格163,000円(税別)

定価の1割引で購入したとして、本体価格146,700円(税別)

年間電気代約2,500円×10年=約25,000円

本体価格146,700円+約25,000円=

約171,700円

ランニングコストを見てみてもトータルではお得になる感じですね。

 

第2位

LGRシリーズ

メーカー希望小売価格133,000円(税別)

定価の1割引で購入したとして、本体価格119,700円(税別)

年間電気代約7,000円×10年=約70,000円

本体価格119,700円+約70,000円=

約189,700円

本体価格が他の機種より低い分第2位になりました。

 

第3位

OGRシリーズ

メーカー希望小売価格193,000円(税別)

定価の1割引で購入したとして、本体価格173,700円(税別)

年間電気代約3,900円×10年=約39,000円

本体価格173,700円+約39,000円=

約212,700円

最高グレードですので一番定価も高いですね。

ですが、お掃除にかかる手間や時間、水道代を考えるとそこまで差はないのではないでしょうか。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

現在レンジフードのお取り替えをお考えの方は参考にしていただければと思います。

 

XGR

 

ちなみに私がオススメするのはXGRシリーズですね。

 

清掃性はOGRシリーズに負けますが、従来のレンジフードとは比べ物にならないくらい良いですし、省エネ性が抜群です。

トータル的なバランスが一番良いと思いますのでオススメします。

 

 

 

 

過去記事:ついに出た!お掃除のいらないレンジフード!リンナイOGRシリーズ

    :約70%の節電効果!?イマドキのレンジフード事情(XGRシリーズ)

    :ノンフィルターの最新機種!リンナイ製レンジフードLGRシリーズ

                こちらも、ぜひご参考にご覧ください。

 

 

©写真素材ぱくたそ[https://www.pakutaso.com/]

この記事を書いた人

長田 剛
ガス部東地区・各種工事担当。2013年入社、遅れてきたルーキー。しかし、LPガス業界は20年を越える地味にベテラン。ブログとSNSで育メンパパをブランディング中。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close