梅の花を愛でる!土佐山、嫁石の梅まつりで春を感じる – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2017年03月01日 従業員のひとりごと

梅の花を愛でる!土佐山、嫁石の梅まつりで春を感じる


%e9%95%b7%e7%94%b0

こんにちは!長田です!

 

高知も徐々に暖かくなり、行楽にお出掛けするにも行きやすい季節になって来ました。

我が長田家の年の初めの行楽は、土佐山の嫁石で行なわれる"嫁石(よめいし)梅まつり"からスタート致します。

 

 

 

 

という事でさっそく出発です!

 

高知市から車でおおよそ1時間。

 

 

 

旧鏡村へ向け、鏡川を上流へ上って行きますと「よめいし うめまつり」のピンクのぼりが見えて来ます!

しばらく進み、徐々に車のすれ違いが難しくなるほどの道幅になってきたころ…

 

 

 

到着です。

道中いくつか分かれ道がありますが、ピンクののぼりが目印となっておりますので迷子になりませんでした(^^)

 

 

 

入園料は一人300円。お子様無料となっております。

何と!このチケットにはオーベルジュ土佐山の100円引き券が付いていました(^^)/

 

 

嫁石 地名のいわれ

 

この嫁石には、恋愛のパワースポット的な力があるみたいですね。

 

 

 

嫁石梅まつりは平成3年から行われており、今年で第27回目です。

お昼前に出発したので、お昼を食べてなく、さっそく腹ごしらえから(笑)

 

 

 

地元土佐山の山菜の天ぷらの入った天ぷらうどんを食べたかったんですが、ちょうど並んだ前の人で売り切れ!

なんともタイミングの悪い…(笑)

 

 

 

仕方ないのでオーベルジュ土佐山の出店していた

 

 

 

金沢かれいパンとたこ焼きをいただきました。(なぜ金沢なんでしょう?笑)

見た目以上に美味しかったです(笑)

 

 

 

息子の、総移動距離5mの初めてのおつかいも無事に済ませ、梅を見ていきます。

 

 

 

先週3分咲きとの事でそろそろかいなと行ってみたのですが、まだまだ5分咲き程度でした。

 

 

 

しかし、見事に咲いている木もあり、堪能することが出来ました。

 

 

 

息子は梅の花よりこれを気に入っていました(笑)

 

 

 

 

 

おわりに

お昼過ぎに到着したもので、食べる物がほとんどなかったので、食いしん坊の方は午前中に行くのをオススメします(笑)

昨年行った時には満開で、梅の花のコントラストに感動をしたので、今年はもう一度行ってみたいと思います(^^)/

 

ちなみに昨年の嫁石の梅の花です。

 

 

3月20日(月・祝)までの開催となっておりますので、ぜひ行ってみてください(^^)/

まだまだ土佐山は寒いので上着をお忘れなく!

 

 

 

この記事を書いた人

長田 剛
ガス部東地区・各種工事。2013年入社、遅れてきたルーキー。しかし、LPガス業界は20年を越える地味にベテラン。ブログとSNSでイクメンパパをブランディング中。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close