大人の京都旅。最終日は伏見稲荷大社からです。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2018年11月05日 社長ブログ

大人の京都旅。最終日は伏見稲荷大社からです。


「モテたい」高知のガス屋さん マインドガス社長の山田洋介です。先日、2年に1回開催される卸グループの懇親旅行に参加してきました。最近は、世代交代が進んでいるためかメンバーも若返りを図っています(^^)/

 

今回の旅のテーマは「大人の京都旅。城崎温泉」最終日です(^^)/ (ブログはパート4)

前回は、大人の京都旅というだけあって、この旅の神髄は京都でした(笑)メッチャ大人感丸出しでした(笑)

 

さて、最終日スタートは、ここ「伏見稲荷大社」です。

全国各地で親しまれている「お稲荷さん」の総本宮が「伏見稲荷大社」だそうです。

 

 

ここ「伏見稲荷大社」のインスタ映えスポットは、言わずと知れた「千本鳥居」千本と言ってますが全部で1万本もあるそうで今も増え続けてるようです(驚)

 

 

 

記念に「映える」写真を一枚撮ってもらいました(笑)

 

 

今も増え続けてる理由は、全国の色々な会社が建ててるんだと思います。価格表がところどころにあるのですから(^^)/ 今回の旅のグループで建てまた確認に来る旅っていうのもいいかもですね(笑)

 

大人の京都旅。最後を飾るのは「平等院鳳凰堂」

10円硬貨の印象が強い「平等院鳳凰堂」中学校の修学旅行以来じゃないかと思いますが・・・全然覚えていませんでした(笑)

 

 

この時期は、修学旅行生が多くたくさんの中学生が見学に来ていて、遠目に「私もこの年頃に来たんだよなあ~」なんて思いに浸ってました(^^) あの時は、失礼ながらただの歴史的な建物だけの印象でしたが(笑)年齢を重ねて見る平等院鳳凰堂は、とても風情があり、感動の一言でした! お土産として「平等院ふきん」を買ったぐらいですから~♪

 

 

旅の締めとして「お茶」を頂きました(^^)/ 抹茶と平等院。粋な組み合わせです!

 

この旅を振り返って思う事。

今回のグループの旅は、次世代の若手と呼ばれる方々がメインだったこともあり、とても楽しく、印象に残る旅になりました。旅行のことだけじゃなく、これからのグループの想いや在り方、進むべき道など日頃話せないことまでより深く話し合えたことは財産です(^^)/ 

 

これからはさらに皆で手と手を取り合い、協力しながらやっていかないといけない。そんなことの確認する旅だったように思います。さあ次は2年後。また楽しい旅にするよう頑張っていきたいと思います!

 

 

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早17年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close