海鮮BBQ土佐のかき小屋の「大食いチャレンジ」が熱い! – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • お店紹介
  • 海鮮BBQ土佐のかき小屋の「大食いチャレンジ」が熱い!
2018年12月05日 お店紹介

海鮮BBQ土佐のかき小屋の「大食いチャレンジ」が熱い!


 

こんにちは長田です!

12月に入りましたがまだまだ暖かい日が続きますね。

ガス屋さんとしてはもっともっと寒くなって欲しいですが(笑)

 

さて、先日の休日に、海鮮BBQ土佐のかき小屋へお昼を食べに行って来ました。

 

 

 

場所は土佐市新居。日本一の清流仁淀川の河口。日本中からサーファーが集まるサーフィンのメッカです。

 

 

 

仁淀川河口大橋を西に渡ればすぐ目に付きますので分かると思います(^^)

 

 

 

高知では非常に珍しい”かき小屋”形式で、好きな海鮮を取って来て自分で焼いて食すもの!

 

 

 

中でも土佐のかき小屋の名物と言えば何と言っても「がんがら焼」!ブリキの缶へ新鮮な牡蠣・白ハマグリ・アサリを入れて酒蒸しして食べます!最後に出汁の出た汁で作るパスタが絶品!3~4人前で2,000円(パスタは別途)ですので数人でシェアするには丁度良いと思います(^^)

 

が、

 

今回私が食べましたのは名物のがんがら焼ではなく!

 

 

 

こちら!制限時間10分!大食いチャレンジです!

通常でも量の多い土佐のかき小屋の料理が実に3倍!!

しらす丼・カキとじ丼・親子丼・カキカレーパスタの中からお好きなメニューを選びます。

しかし、しらす丼はすでにチャレンジ成功者がいましたので、二番煎じになる訳にはいかず、チャレンジしたのはこちら!

 

 

 

カキとじ丼!

 

 

 

溢れんばかりのボリューム!

牡蠣は実に15個使用!ご飯は何と600グラム!

 

こ、、これを10分で食い切るのかい...。

ちょっと気になり店員さんに伺いますと、

 

「カキとじ丼は大学生でもチャレンジして失敗してます。未だに成功者は居ません(^^)」

 

との事!! 笑顔が悪魔に見えました!

あたしゃ後厄のおっさんやで...。

 

 

 

いざ実食!!

 

今更うだうだ言ってもしょうがない!腹を括りました!

勝負の10分間のスタートです!

 

 

 

しかし..

 

ひと口食べて..

 

気付きました..

 

 

「熱ッ!!熱ッつーーッッ!!」

 

 

出来たてのカキとじ丼アッツアツ!!

そりゃ成功者は居ないはずだぜぇ..

 

 

 

しかしもう勝負は始まっている!

 

 

 

口の中がッ!食道がッ!胃がッ!

カキとじ丼を飲み込む度に襲ってくる灼熱!!

 

途中で思いました、、、

(これ、ゆっくり食べたほうが絶対美味しい、、、)

 

しかし男の子!泣き言は言いません!!

横に置いてあるストップウォッチを睨みながら必死で食べますが、食べても食べても減ってくれません!

.

.

格闘する事数分

 

 

 

何とかカキとじ丼を完食!!

残るはお漬物とお味噌汁!お腹パンパンだけど何とかなりそうじゃーん!

 

お漬物をひと口!ん〜美味い!

ゆずの風味がふわ~っとお口の中に広がって・・・

 

 

 

でもこの量ハンパない!

3倍ヤバい!カキとじ丼だけじゃないの!お漬物も3倍の量なの!!

しかも歯応えバツグン!顎が持っていかれる!

今まで我慢していたお冷で流し込みました(笑)

 

何とか食べ終わり、最後はお味噌汁。お味噌汁も海鮮の出汁が効いて美味いのなんの...

 

 

 

ってやっぱ量がハンパない!普通の倍以上あるじゃん!!

最後は無理やり流し込み、何とか完食することが出来ました(笑)

 

 

 

ごちそうさまでした...うっぷ

 

 

 

気になるタイムは・・・

さてさて、気になるタイムは...

 

 

何と!

 

 

8分3秒!

 

 

超早ぇええぇぇ!!

1分57秒残しでのチャレンジ成功!!

 

 

 

カキとじ丼初のチャレンジ成功者の誕生です!

いやーこれは嬉しいですな!しかもカキとじ丼(並)のサービス券までいただきました!

ありがとうございます(^^)

 

この大食いチャレンジですが、お値段税別1,000円と非常にリーズナブル

カキとじ丼の並盛りが700円。それが3倍の量があるので、普通に頼んだら2,100円。おお!半額以下になりますね!

チャレンジタイムの10分が過ぎれば、普通にお連れさんとシェア出来ますのでお得です!

 

 

 

おわりに

土佐のかき小屋の歴史に名を刻めましたので頑張った甲斐がありました(笑)!

 

 

 

そこの大食いさん!挑戦待ってるぜ!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

長田 剛
ガス部東地区・各種工事担当。2013年入社、遅れてきたルーキー。しかし、LPガス業界は20年を越える地味にベテラン。ブログとSNSで育メンパパをブランディング中。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close