四国NOVANO会 新入社員研修を受けてきました!! – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2019年04月20日 従業員のひとりごと

四国NOVANO会 新入社員研修を受けてきました!!


 

 

皆さん、こんにちは!!嶋﨑です(^-^)

 

先日、四国NOVANO会の新入社員研修がノーリツさんの事務所にて行われました。

 

 

(四国NOVANO会ってなんだろう、、?)

 

 

NOVANO会は 株式会社ノーリツさんが主宰でガス器具や厨房機器、設備機器を取り扱う会社が会員となり構成されています。全国各地域にあり、四国エリアは四国NOVANO会となっており、高知県では当社を含め6社が属しています。ガス会社が主になっています。

今回の新入社員研修には3社から3名の参加でした。参加人数が少ないので寂しい気もしましたが、新入社員自体が少ないという現実があるようで、業界の実情の現れかなぁと思いました。今回の参加者は入社3~5年目ということで、新入社員というよりは社歴の浅い社員という位置づけになります。その中でも私が最年長で、入社3年目の40歳でした(笑)

午前10時からお昼を挟んで、午後の16時半までみっちりお勉強ということで、新人研修スタートです!

 

 

新人研修プログラム

 

午前中は給湯器の変遷から仕組み等の構造や基礎知識について、午後からはガスコンロやエネファーム、システムバスやレンジフード等の住宅設備全般の基礎知識やカタログの見方について学びました。

 

 

 

給湯器の基礎

 

 

 

ノーリツさんの事務所の一室で給湯器の基礎から研修は始まりました。

給湯器は、毎日使う生活の身近にあるものですが、変遷から仕組み、設置場所による機器の種類の違い等ほとんど知らないということに改めて気付かされました。

 

 

設定温度のお湯が作られる仕組み

 

 

 

実機を分解してどの部品がどのように配置されているか、またお湯が出ない時にどの部品が原因か、どの部品が故障し易いのか等詳しく説明をして頂きました。

 

 

 

メーカーの技術プロフェッショナルの方が、ほぼマンツーマンで機器の仕組みについて教えて下さるということは、あまりない事なのでとても有難かったです。

 

 

給湯能力について

・給湯能力とは?

 ガス給湯器の能力(単位時間当りにお湯を出す性能)は号数で表され、号数が大きい程給湯能力が高くなる。

 

・号数って?

 1号とは、水温を25℃上昇させたお湯を1分間に1リットル出せる能力です。

 

・なぜ25℃?

 春・秋の水道の平均水温は、15~17℃ 夏は25~27℃ 冬は5~7℃ 一般的なお風呂の平均温度は、40~42℃であることから、春・秋との温度差で25℃となっているようです。

 

 

 いやぁ勉強になります(^-^)

 

 

 

 

こんな調子で、午後からも眠気と戦いながらもしっかり勉強をさせて頂きました!

 

 

さいごに

終日私達の為に講師を務めて下さいました、ノーリツの前原様ありがとうございました。

誰でも理解できるようゆっくりと丁寧にご説明頂き、また素人同然の私の質問に対しても分かり易くお答え頂き、大変感謝しております。

今回の研修で限られた時間の中でしたが、基礎的なことをメーカーさんから直接教えて頂けて良かったと思います。

また研修を受けた人数が少数で最初は少し寂しかったですが、結果的にはマンツーマンに近い形でとても距離が近い研修でしたので、より理解が深まったと思いました。

 

またこういう機会がありましたら参加させて頂き、少しずつ吸収して仕事に活かしていきたいと思います。

 

それではまた!!(^-^)/

 

 

この記事を書いた人

嶋﨑 雅允
2017年入社。2児のパパ。只今子育て奮闘中。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close