アクアクララのお水はどっち・・・軟水?硬水? – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2016年09月27日 アクアクララ

アクアクララのお水はどっち・・・軟水?硬水?


こんにちは、アクアクララを担当しており

ます吉村です。

 

先日アクアクララの新規サーバー設置を

されたお客様から聞かれたのですが、

「アクアクララのお水は軟水ですか?

 硬水ですか?」

また「どんなお水なのですか?」と

そこで今回、私なりに簡単では

ありますが説明をさせて

いただきます!!

 

 

軟水と硬水・・・メリットとデメリット

まずは、軟水と硬水についての説明を

しましょう・・・

 

お水は硬度によって「軟水」と「硬水」に

分類されています。

ミネラルウォーターの種類によって味が

異なるのもこの分類によるものです。

 

アクア

 

 

【硬度】とはカルシウムとマグネシウムが

お水1ℓあたりに何㎎含まれているか?を

示すものです。

 

・ 硬度120㎎未満の水を軟水

・ 硬度120㎎以上の水を硬水

 

軟水のメリット

・胃腸に負担がかからない

・体への吸収が良い

・肌や髪にやさしい

・日本料理に適している

 

軟水のデメリット

・ミネラル補給はできない

 

 

アクア

 

 

 

 

硬水のメリット

・便秘解消効果が期待できる

・動脈硬化の予防

・洋風の煮込み料理に適している

 

硬水のデメリット

・結石のリスクが高まる

・下痢などの体調不良になる恐れ

・素材の風味を生かした料理には

 適さない

 

 

アクア

 

 

硬水はマグネシウムを多く含むので

消化器系に影響を与えて便秘を良く

する効果が期待できます。

 

また、硬水には血液をさらさらに

する効果があると言われていて、

動脈硬化を予防して、

心筋梗塞や脳梗塞といったリスクを

減らす事が期待されています。

 

しかし硬水には腎臓の機能に問題が

ある方が、硬水を多量に摂取すると

硬水に含まれているカルシウムを

ろ過しきれないため、結石のリスク

が高くなり

 

また胃腸が弱い人の場合は

硬水に含まれる

マグネシウムの影響でお腹が

ゆるくなってしまう事も

あるそうです。

 

また濃度が高い硬水は、口当たりが

重く苦みをかんじます。

 

反対にカルシウムやマグネシウムの

濃度が低い軟水は、まろやかな口当

たりとさっぱりとした風味で

マグネシウムの含有量も

少なくお腹にも優しいため、

赤ちゃんや小さな子供にも安心して

与えることができます。

 

また軟水は基本的に無味無臭なので

日本料理や香りを楽しみたい飲み物

に最適です。

 

しかし、現代人が不足しがちと言わ

れる、マグネシウムやカルシウム

などのミネラルが少ない軟水では

多くの摂取は望めません。

 

 

ミネラルには便秘やむくみを解消したり

筋肉の痙攣や足がつるのを

予防するなどの効果があるので日頃から

一定量摂取する必要があります。

 

そこで・・・

 

アクアクララのお水とは・・・

 

アクアクララのお水は硬度29.7㎎の

軟水となっております。また

4種類のミネラル成分(カルシウム・

ナトリウム・カリウム・マグネシウム)

をバランスよく配合し、口の中でまろ

やかにひろがる、日本人に合った

おいしくヘルシーな水になっております。

 

 

アクア

 

 

少しはご理解いただけたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

吉村伸一
1963年3月生・AB型 ゴルフ大好き 最近は愛犬トイプードルのジェイと日々戯れてます!
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close