「走れ!LPマン」CM制作秘話。その① – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2016年06月28日 LPマンがゆく

「走れ!LPマン」CM制作秘話。その①


こんにちは!「モテたい」高知のガス屋さん 社長の山田洋介です。

 

突然ですが「LPマン」ってご存知ですか?

 

 

高知県LPガス協会のCMキャラクターなんです。

 

ローカル色が強いですが、結構高知県の皆さんには認知されてきてるんです。

実は私、高知県LPガス協会に所属してまして、このキャラクターの中身なんです。「モテたい」一心で高知県を走り回っています(笑)

 

「LPマン」誕生の奇跡

そこで「LPマン」が誕生した軌跡(奇跡)を、是非みなさんに聞いていただきたい!

 

当時(4年前)別のCMがすでに作られていました。【LPガスの青い炎で美味しい郷土料理が作れる】みたいな内容だったと記憶してます。高知県LPガス協会で広報を担当する部会に所属していた私は、そのCMの感想を聞かれてこう答えたのです。

 

「『今までLPガスのCMって見たよ』って言われたことあります?
私はないです。みんなの印象にも残ってないんだと思います。
だって、ここにいる方も見たことないでしょ?だったら作り直しません?」

 

この発言を聞いた別の部会員が、

「だったらアイデアがあるんで、作り直すCMの内容を提案させてもらってもいいですか?」

ここにも同じ思いを持ってた人がいたんだとうれしく思いました。

この部会員こそが「LPマン」の生みの親なんです(^^)/

 

偉い人がよく認てくれたよね!

しかし、私達が「あーだ、こーだ」言っても実際に決めるのは親会。ここでいう高知県LPガス協会の役員で偉い人。

その偉い人の一言。

 

「もう一度制作会社を決めるところからやり直す。」

 

痺れました!本当に痺れました!!今までには考えられない一言。

だって、もうすでに出来上がっていたんですよ、CMは(驚)

 

この一言で「LPマン」は誕生するんです。今思えば「LPマン」誕生の一番の立役者です。本当に感謝しています。

 

LPマン後姿

 

でも、ここからなんです。これから事件が起こるんです(笑)

 

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早17年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close