「走れ!LPマン」CM制作秘話。その② – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2016年06月28日 LPマンがゆく

「走れ!LPマン」CM制作秘話。その②


こんにちは!「モテたい」高知のガス屋さん 社長の山田洋介です。

さっそく、引き続き「LPマン」誕生の軌跡(奇跡)をお送りします。

 

 

キモキャラ設定って!?

LPマン原案

 

「『LPマン』はキモキャラで行きます」発案者がそう言うんです。

 

上の画像は、原案を参考にして制作会社が作成してきた「LPマン」の提案書なんですが、お気付きでしょうか?

背中に「ONO(おの)」の文字!

「ONO(おの)」って誰やねん!!(個人名はおかしいやろ?高知県LPガス協会のモノやろ?)

事件は、この「ONO(おの)」を中心に展開していきます(笑)

 

生みの親、恐るべし!

LPマン原案

 

CMを作り直すことが決まった瞬間、立候補した部会員。「秘策あり」といった原案がこちらです。

ゆるキャラブームの昨今、そのブームに乗りつつも違う路線を進むと言い出した彼。そこで彼の出した答えは「リアルタイプゆるキャラ」

いわゆる「キモキャラ」です(笑)

リアルに顔を出して、手足を見せる。ボディーはガスボンベ。

そのキャラクターが高知県の名所を走り、「いつでもどこでもあなたのそばにLPガス」というイメージを植え付けるというもの。

 

私は【天才】と思ってしまいました(^ ^)

 

その原案をもとに作成してきたキャラクターが、一番上の写真になるのです。

 

だから「ONO」って誰?

散々「ONO」を中心にことが起きるといってきました。

「ONO」とは、私達と一緒にこの部会を運営している部会員の一人。

当初、この着ぐるみを着てCMを撮影するのは「ONO」さんに決まっていたんです。

 

というか、「ONO」さんのために「LPマン」を書き下ろしたんです!

 

強い印象を植え付けるためには、個性が際立つ「ONO」さんが良いと、満場一致で決まりました。

本人も最初は嫌々でしたが、時間が経つにつれ(撮影日が近づくにつれ)だんだんとその気に( ´ ▽ ` )ノ

 

そんな中、撮影日一カ月前に事件が起こるのです・・・

 

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早17年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close