ガス屋さんが...行く【寺やんのはじめてのお遍路】(6寺やん目) – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2016年11月25日 寺やんのはじめてのお遍路

ガス屋さんが...行く【寺やんのはじめてのお遍路】(6寺やん目)


こんにちは、ガス屋の寺やんこと寺本です。

11月も終わりというのにこの暖かさは高知ならではでしょうか?

まだまだ冬の訪れが、感じられません。

 

 

さて今回も、寺やんのお遍路でお話させていただきます。

 

今回は、四国八十八か所の第6番札所。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

温泉山・瑠璃光院・安楽寺 (おんせんざん、るりこういん、あんらくじ)となります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

このお寺の周りはとても静かな所で、田舎の風景が漂う山のふもとにあります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

昔から温泉があるそうで、この地を訪ねた弘法大師が、湯治のご利益を伝えたとされ、温泉山という号が、つけられたとされています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

江戸時代には、徳島藩から、お遍路や旅人に、宿や食事を、提供する駅路寺に指定されていたそうです。

現在も大師堂前から温泉が湧き出しており、これを利用した宿坊が評判だとのこと。

でも、寺やんは予定があり時間もなかったので、温泉と宿坊は省いて行きませんでした。

諸事情でカットさせていただきます、悪しからず。

 

 

このお寺の見どころ

それは樹齢およそ1300年にもなる松の木です。

この松の木は弘法大師が大厄の42歳で寺を訪れたときに、漁師が間違って射た矢から大師を守ったといわれています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

見た感じとても枝ぶりが、素晴らしく四方に広がり形も良いので、矢を防いだと思えるような感じになります。(寺やんの感想です)

 

 

 

最後に

このお寺の山門の造りもご覧のように立派で、大きく、威厳があります。中に入ると、風景もとても素晴らしく、日本庭園のようでした。

ぜひ見て頂きたいと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでは、また次回7番札所で会いましょう。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺本慎二
1986年5月入社。趣味は釣り。ただ今お遍路で八十八ヶ所巡っています。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close