LPガスを使って頂くうえで、ボンベの配送業務は必須。そこに価値をつける前に必要なことがあるよねって話。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • 社長ブログ
  • LPガスを使って頂くうえで、ボンベの配送業務は必須。そこに価値をつける前に必要なことがあるよねって話。
2016年12月09日 社長ブログ

LPガスを使って頂くうえで、ボンベの配送業務は必須。そこに価値をつける前に必要なことがあるよねって話。


こんにちは!「モテたい」高知のガス屋さん 社長の山田洋介です。

 

先日、高知県LPガス協会のセミナーでも講演があった様に、

来年の4月より、都市ガスの自由化が始まります。

簡単に言うと、今まで「認可制」だったものが「自由」になるという事。

供給地域もさることながら、ガス料金も自由に決められる(今までは自由に決めれませんでした)

 

都市ガスが自由になるという事は、我々LPガス業者も都市ガスに参入できるという事ですが、そう容易なことではありません。

 

では、今後LPガス事業所もどういった方向に進むべきか?

 

まさに、色々なことが求められてきます。

様々なサービスを透明化し、独自の価値をつける必要があると思っています。

 

そのなかでも、私がさらに「重要」と思っているところ。
ここに価値をつけることが、今後を左右すると言っても過言ではない。
私はそう思っています。

 

そのことについて、以前ブログでも取り上げたことのある記事を参考にしてみました。

 

 

LPガスにあって、都市ガスにないモノ。

ガス体エネルギーは、「LPガス」と「都市ガス」に分けられる。

 

LPガスは、軒先にLPガスボンベ(以下ボンベ)を設置し、LPガスを供給する。ボンベの配送業者が定期的に交換してくれる(自社で配送しているところもあるが、弊社は委託している)ボンベは少し場所をとるが、災害時に強いというのは皆さんも知っての通りだと思う。

 

都市ガスは、道路の下のガス導管を利用し、天然ガスを供給する。もちろん道路の下をを配管しているので場所もとらず、配送業務が無い(ボンベがない)

 

「LPガス」と「都市ガス」(天然ガス)との違いは、次の機会に詳しくお話しようと思いますが、

簡単に言うと・・・

熱量(カロリー)が違う。

LPガスは、都市ガスの2倍近くものカロリーを誇ります。

なので、例えばお風呂が沸くまでの時間が早い。

火力が強いので料理の完成度もグッと上がるはずです。ちなみに、大半の飲食店はLPガスを導入しています。

 

しかし、ここで私が思う「LPガスにあって、都市ガスにないモノ」とは、

熱量の違いでなくて、ボンベの配送のことなんです。

 

 

定期的にお客様のお家に行ける。

LPガス販売店の私達よりお客様宅を訪問してるのは、間違いなくボンベの配送員だと思う。

多くガスを利用してくれるお客様ほど、頻繁にボンベを交換するので接点が深いと思う。

というか、この接点を活用しなくてどうするの?という話。

 

LPガスは、一軒一軒の軒先にボンベを設置している。

そして定期的にボンベの交換をしている。

 

いわゆる、そこに物流が生まれているということ 

LPガス配送
だったら、この物流を利用できないだろうか?

と私は考えます。

 

例えば,、弊社のお客様に八百屋さんがいたら、魚屋さんがいたら、ケーキ屋さんがいたら・・・

 

  • 八百屋さんとコラボ。定期的に新鮮な野菜をお届け!
  • 魚屋さんとコラボ。毎月決められた日に新鮮な魚を届ける!
  • ケーキ屋さんとコラボ。お誕生日やクリスマスケーキの注文を取ってきて届ける!(なんならサンタさんの格好をして)など

 

「モテる企業」を目指して、みんなが笑顔になれる取り組み【仕組み】を実現させていきたい。

そんな事を考える今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

と、ここまでが前回の記事。

私は、ここにとても大事なことで、基本的なことを ひとつ 付け加えるとすると・・・

 

「心」だと思っています。
「意識する」ことだと思っています。
「仲間意識」だと思っています。

 

って、ひとつ違うんかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!(笑)

 

まとめ

マインドガスは、配送業務を委託しています。

その委託先の社員の方が「マインドガスの社員」としてボンベを配送してくれてます。

 

お客様から見るとそう見えます!

 

一昔前だと、「配送をしてやってる」「販売店のキツイ仕事(力仕事)をやってあげてる」こういった意識が強かったように思う。

(今もそうかも・・・)

 

しかし、都市ガスの自由化など時代の変化が急激で、今まで通りが通用しなくなってると感じます。

 

「お客様から見て」ではなく、

本当の意味で「委託業務先」でなく、「マインドガスの一員」としてやっていきたい。

 

配送業務もしかり、「心」だったり、「仲間意識」だったりがある上に、

「物流」としての価値が生まれてくるものだと思っています。

 

そう信じてやっていこうと思っています(^^)/

マインドガスの業務関わる皆さんと一緒に! 

 

 

 

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早17年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close