• TOP
  • 未分類
  • 【高知の滝めぐり21 翠ヶ滝】雨降った翌日に来てみたいと思わせる裏見の滝。
2020年01月09日 未分類

【高知の滝めぐり21 翠ヶ滝】雨降った翌日に来てみたいと思わせる裏見の滝。


こんにちは、高橋です。

冬も本番。日を追うごとに気温もグングン下がってきました。それでも今年は暖冬とあってか暖かいほうでなのです。

山間部には、まだ積雪が降って無さそう・・・今のうちに滝めぐりへ行っておきたい・・・

ということで、今回は土佐郡土佐町の「翠ヶ滝 みどりがたき」に行って来ました。

ルートは県道16号を北へ行き、国道439号に入るとすぐ、相生橋付近で左折します。

 

 

地域の地図がありますが、ここは以前に「三樽権現の滝」に訪れた時にも見た地図です。翠ヶ滝」まで7.7kmと書いてあります。

 

先に進むと向こう側に渡れそうな橋があるのですが、扉が閉まって行けず。

 

前回夏に訪れた時の【はいられん】は危険度がMAXでしたが、綺麗になっておりました。

 

道沿いに標識があるので安心です。

 

この先に駐車場があります。すぐに滝の音がしてきます。

 

岩の隙間にお堂がありました。その上からサラサラっと水が流れ落ちてきていますが、ここ数日は雨が降っていなかったので、水量少な目でしょうか。

この場所だけは他と違って独特な雰囲気があります。

 

 

 

近くへ寄ってみると、水しぶきは飛んでこないのですが、それでも結構な量の水が落ちてきていました。

 

 

さいごに

この滝は「裏見の滝」といって、滝の裏側から眺めることができます。

水量のあるときには、きっと迫力があって違った印象を持つかもしれませんね。

機会があれば、また訪れたいものです。