ガス屋さんが...行く【寺やんのはじめてのお遍路】(29寺やん目) – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2017年10月27日 寺やんのはじめてのお遍路

ガス屋さんが...行く【寺やんのはじめてのお遍路】(29寺やん目)


 

こんにちは。マインドガスの寺やんこと寺本です。

 

季節も秋本番となり、紅葉の頃へと入ってきます。

寺やんの、お遍路も順調に進んでおります。

それでは、今回も参ります。

 

 

 

四国第29番札所 摩尼山、宝蔵院、国分寺 (まにざん、ほうぞういん、こくぶんじ)

 

ここは聖武天皇によって全国に建立された國分寺のひとつ。

 

 

 

行基が開山しあとに弘法大師が厄除けに訪れ(星供の秘法)を勤修しました。

 

 

 

以来、国分寺は星供の根本道場となっています。

 

 

 

境内全体が国の史跡指定です。

本堂は長宗我部元親によって、戦国時代に再建されています。

 

 

 

平安中期には、(土佐日記)の作者、紀貫之が国司として、寺の近くに赴任。

付近は「土佐のまほろば」と呼ばれ、政治や文化の中心でした。

 

 

 

見どころ

 

 

庭園と歌碑

 

 

 

四季折々の花が咲く参道、創建当時七重の塔の心柱を支えた礎石、杉苔の美しい庭園がひろがります。

 

 

 

最後に

 

このお寺には、俳人「高木晴子」先生の句碑があります。

寺やんには、全くと言っていいほど歌心がなく、読むのが精いっぱいです。

皆様も句のお好きな方は、一度このお寺で一句ひねってみては如何でしょうか。

そうすれば、お大師様のパワーで、素晴らしい歌ができるかもしれませんね。

 

「星供」とは、星祭りとも言い、真言、天台の密教寺院で、行われる星に息災、増益、延命等を祈ること。

 

 

このお寺には、酒断地蔵様がいますが、お酒の大好きな寺やんは、もちろんこのお地蔵様には手を合わせず、スルーしてしまいました(笑)

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺本慎二
1986年5月入社。趣味は釣り。ただ今お遍路で八十八ヶ所巡っています。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close