ガス屋さんが...行く【寺やんのはじめてのお遍路】(8寺やん目) – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
2017年01月06日 寺やんのはじめてのお遍路

ガス屋さんが...行く【寺やんのはじめてのお遍路】(8寺やん目)


2017年1月6日 謹賀新年 明けましておめでとうございます。

寺やんこと寺本です。

 

酉年のスタートとなりました。

今年も四国巡礼車旅の始まりとなりました。皆様ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

 

さて、年の始めは四国第8番札所よりのお遍路となります。

が、実はいろいろと寺やんの個人的諸事情がございまして、8番札所はすでに参拝を済ませております。

お許し下さい。

 

それでは行きましょう、発心の道場。

 

 

四国第8番札所(普明山 真光院 熊谷寺)ふみょうざん しんこういん くまたにじ 

 

御本尊は千手観音世音菩薩

 

 

 

弘仁6年(815年)弘法大師が開基。

 

 

 

胎蔵界大日如来を中心に、四仏を囲むように祀った高さ21mの多宝塔は、四国地方最古にして最大規模。

色鮮やかな装飾が見てとれます。

 

 

この建物を間近でみると、とてつもなく大きくて、ビックリしました。

残念ながら建物の中に入る事が出来ず、見ることはできませんでした。

 

 

 

県指定の重要文化財である仁王門は、高さ12m・間口9mで三間重層の造り。

近くでみると、何か威厳を感じます。

 

 

 

 

 

二層目の天井や柱には、天女などが描かれているのですが、直接見ることはできませんでした。

ただ、この絵は山門を入って少し行くと、その絵と同じもののレプリカを掲示していますので、それを見るようになっていますので、納得できます。

 

 

 

 

まとめ

この8番札所ですが、素晴らしい建物がいくつもあり、景色も素晴らしく見どころ満載のお寺さんです。

家が近くにあったなら、寺やん毎日散歩に行きたいくらいのところです。

自然と、お大師様のパワーを感じることができる8番札所でした。

 

 

また本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺本慎二
1986年5月入社。趣味は釣り。ただ今お遍路で八十八ヶ所巡っています。
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close