高松までの道中「いい話聞いた!」で満足してる場合じゃないってアツく語った話。 – 暮らしのエネルギー総合情報サイト GAS PRESS by マインドガス
  • TOP
  • 社長ブログ
  • 高松までの道中「いい話聞いた!」で満足してる場合じゃないってアツく語った話。
2018年03月15日 社長ブログ

高松までの道中「いい話聞いた!」で満足してる場合じゃないってアツく語った話。


今年も「モテたい」と言いまくる一年にするはずの「モテたい」高知のガス屋さん 社長の山田洋介です(^^)だんだんと温かくなって過ごしやすくなってきました。昼間なんて暑いくらいです(^^;)ただ、朝晩はまだ少し寒くて体調を崩しやすくなっていますので、皆さんも十分に気をつけられてください。

 

さて、この時期は各メーカーが色々な勉強会を実施しています。ガス機器メーカーはもちろん、ガスメーターメーカーもその一つです。先日ガスメーターメーカーの勉強会に参加してきました。

 

 

今回の勉強会、結論から言うと凄く刺激を受けました。ガスの強みである「給湯(お湯)」や「暖房」をどういったサービスを通じてお客様にご利用いただくのか? 全国の様々な事例を基に紹介いただき、ヒントをたくさんもらい自社に落とし込めるものがたくさんありました。「いい話を聞いた!」で終わらせることなく、その中のひとつでも実際にやってみて行動していこうと思います。

 

 

本題はここから・・・

会場は高松でした。グループ会社の方々(5名)と一緒に乗り合いで行ってきました。高知からだと車で片道2時間ほどの距離。その道中の雑談が考えさせられる内容のものでしたし、このブログの本題なんです。

 

その内容とは「忙しくて休む時間が無い」という事から始まります。その話を切り出した方は、市内から少し離れた地域で、ガソリンスタンド(以下:スタンド)とガス屋さんを家族で経営されてます。スタンド・LPガス・灯油の配達の仕事を家族3人で回してるとのこと。

 

詳しく聞くと、スタンドの経営は年々厳しくなってきてるし、灯油の配達も利益が取れず厳しいとのこと。現在は、LPガスの収益で賄っている状態であると聞きました。以前は休むことなくスタンドを開けていたそうです。その理由は、昔からのお付き合いのあるお客様の為。お客様が必要としてる時に店が開いてないと意味がない(とても立派な事です)

 

それでも最近やっと「日曜日」を休みにしたそうです。ただ、ガス工事が入れば日曜日にしかできないとのことで、結果休みなし。当の本人はというと疲れからか病気がちでゲッソリしてます。「大丈夫?」と心配になるほどです(-_-;)

 

 

問題なのは日々の業務に追われ、いい話を聞いても行動に移せない。自分のしたいこともできない。そんな状態が続いてると言ってました・・・しかし、その状態を改善していくのは自分しかいないと、その生活を選択してるのも自分なんだから誰のせいでもなく自分のせいだよと話してきました。先程も言ったように「いい話聞いた!」じゃもったいない。インプットすることだけで満足している状態で終わるのか。大切な時間をさいてきてるわけなのに、行動していかないと意味がないと思います。会社のことも一緒だと感じます。たった一度の人生なのに疲弊するだけで終わってしまうのか・・・寂しいことです・・・

 

もっともっと深い部分まで話し合いは続きましたが、長くなるので割愛します(笑)そんな話をしていて私自身思ったことは・・・

 

 

今日は、車で来てるので懇親会ではお酒は飲めない。だったらしっかり食べていこう! いつも食べないデザートも一緒に!! 最近、宴会続きで体重が増えてきて、スーツがきつくなってきた今日この頃。食べることを少し控えてるのに、控えてたはずなのに、私がとった選択は食べることでした(^^;) 反省しっぱなしですが、そういう事なんです。全て私が選択したことです。言い訳できません。結果そういう事なんです! 自分のせいなんです。そのことを真摯に受け止め、環境や誰かのせいにすることなく、変わる勇気と覚悟をもって楽しく生きる!そんなことを思った道中でした(^o^)/ あっ、ダイエットしなきゃ♪

 

 

この記事を書いた人

山田 洋介
1975年生まれ。フツーに就職活動し福岡県のガス会社に入社。赴任先だった鹿児島県から高知県に戻って早16年。ただいま「モテる企業」から「モテてる企業」になるために奮闘中の3代目です! (時々「LPマン」として爆走中!!)
アクアショップマインドへ

社長からのメッセージ

  
マインドガスの仲間たち

メニュー

close

close